ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ

お知らせの最近のブログ記事

【自転車奔走記】依存症とは#64。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第293回。

早いもので1月も終盤にさしかかってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?先週の頭くら
いから、インフルエンザに
罹る方が急に増えて
きました。
1月に入って三重県でもインフルエン
ザ流行の注意報が出ています。今年のインフル
エンザの罹患はA型・
B型が混在して流行って
いる状況で、
A型に罹患して回復したのに今度
はB
型に罹ってしまうといったケースや、イン
フルエンザの症状の特徴である突
然の高熱や鼻
水、身体の節々の痛みな
どが無いのに、検査し
てみるとインフ
ルエンザ陽性であったりと、か
なり油
断ができない状況になっているそうです。

「インフルエンザではなくただの風邪だろう」
とタカをくくって
いると、実はインフルエンザ
に罹って
いて、家族や学友、職場の同僚など他
の人にうつしてしまった…という事も十分想定
されます。ですので、体
調の不良を感じたら、
ぜひとも早めの
医療機関受診をお願いしますね。
感染
拡大はもとより、インフルエンザは発熱だ
けでなく場合によっては命に係わ
る状態を引き
起こすことも稀ではあり
ませんので、十分な注
意をお願いします。
では【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
【アルコール依存症のまとめ】
④「アルコール依存症の治療の過程」
(2)今週も引き続きアルコール依存の治療回復
過程のうち、解毒(体内
にあるアルコールを抜
いて、体調を
整える)治療終了後のリハビリテ
ションについてお話しします。この時期のア
ルコール依存症治療のリハ
ビリテーションは、
退院後の社会復
帰を見据えながら、依存症患者
が断
酒をこれからも続けていくために必要なメ
ンタルの部分に働きかけるこ
とが主軸となりま
す。主な内容は、
飲酒に対する考え方や行動を
見直す
ための精神療法受けることや、創作活動
やレクリエーション活動を主体
とした集団活動
プログラムへの参加、
自助グループへの参加な
どの社会心
理的治療と呼ばれる治療(リハビリ)
で、症状や個別に応じて色々な治療プログラム
を組み合わせながら行わ
れます。この社会心理
的治療の目的
は、アルコール依存症の唯一の治
方法である「断酒」を、社会に出て様々なス
トレスや葛藤にさらされな
がらも継続していく
ために必要とい
うか有効な方法や考え方を作り
上げ
ることを目的としています。

具体的には酒を飲まない習慣を身に付けること、
良好な人間関係を作り、維持
していくことや社
会生活上のストレ
スに打ち勝つ術を学ぶことな
どです。
ただ、忘れてはいけないのが、アル
ール依存症治療の到達点は『再飲
酒しないこと』
にあるので、これら
のリハビリテーションで再
びお酒を
飲まないでいる、飲まないようにす
本人の気持ちが維持できるような
心の持ちよう
であったり、断酒の気
持ちを維持していく方法
を学んだか
らと言って“オールクリア!”という
訳にはいかないんですね。そもそものお話しに
なりますが、入院治療中
はお酒を飲むことは物
理的に無理な
環境ですが、一度退院して社会に
れば、TVのCMにはお酒の宣伝が流れ、商
店ではいつでも自由に酒が
買える環境ですよね。

入院中のお酒から隔離された環境で断酒の思い
強く持ったとしても、お酒や飲酒の誘惑が蔓
延する社会に出ればその思
いや決心も簡単に揺
らいでしまいま
す。ただ、その心理的傾向は
「個人
の意思の強さ」という精神論や根性論と
は遠く離れた「アルコール依存
症の病理」とも
呼ぶべきもので、断
酒を続けるアルコール依存
症患者は、
常にそれらの飲酒願望や強い再飲酒
渇望にさらされながら社会での生活を送ること
になります。ですので、
入院中のリハビリテー
ションで得た
決心や気持ちを退院後も維持する
とができるよう、家族との関係の整理や生活
環境の調整、そして退位後
も継続して自助グル
ープへ参加でき
るような調整や支援が同時並行
して
行われることが一般的です。このリハビリ
テーションは一定の期間実施
し、リハビリ終了
後には退院して社
会復帰となります。

というところで今週はここまで。
次回は治療過程の(3)、退院後の自助グルー
プへの参加やフォローア
ップについてお話しします。
では、また来週お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK 

【ウッチー輪ばなし】冬本番。

【ウッチー輪ばなし】連載・第339回。

みな、みなさま、こんにちわ!

戌年が始まり、はや20日が経過。

どちら様も、体調を崩すことなく、

お元気でいらっしゃいますか?

ここ数日はまるで春先の陽気で

比較的過ごしやすかったですが、

明日以降またまた寒さが厳しく

なるとのこと。積雪の予報も…。

そして、、

三重県では現在インフルエンザの

流行注意報が発令されています。

18.1.20.pngのサムネール画像

やはり大事なのは手洗い・うがい!

そして、水分補給をしっかり行い、

バランス良い食事をしっかり食べ、

ゆっくりと睡眠をとりましょう

『スタンダードプリコーション』を

合言葉に、弊社スタッフはみんな

危機管理徹底に余念がありません。

かからない対策、広げない準備…

このまま無事に春を迎えられるよう

今後はさらに予防レベルを上げて

日々業務にあたってまいります!

改めまして、常日頃からの健康管理

には、十分ご配慮を下さいませ。

 ・ ・ ・

それでは、今週はこれにて

失礼いたします。また来週、元気

笑顔でお会いしましょうね。

PLEASE TAKE CARE 

【生搾り】『ヘルプマークを知ろう』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第401回
『ヘルプマークを知ろう』の巻。


<今週のテーマ>

現在、全国的に普及が進みつつある
ヘルプマーク。今週はヘルプマーク
について知ろうというテーマの談論。
ここ三重県でも来年度からの導入が
決まっているヘルプマーク。ぜひ今の
うちに、その存在と意義を知っておき
たいものです。御一聴下さいませ!

hm.jpeg

<今週のメンバー>
赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、岩佐雅之、高瀬和良。
---------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

【日々隆々】映画紹介。

【伊藤隆太の日々隆々】2018・厳冬。

皆様、お元気でいらっしゃいますか?

不定期連載【日々隆々】、先週に続いて

先週に引き続き2週連続となりますが…

実は今回も映画のお話です。どうしても

早いうちにお伝えしておきたい作品が

ありましたので、お付き合い下さいませ。

 

ご紹介する作品は「gifted/ギフテッド」!

2017年は、一昨年の「君の名は。」や

「シン・ゴジラ」のような社会現象に

なるような大ヒット作はなかった印象

ですが、映画ファンの私からすると、

かなり良作品に巡り合えた一年でした。

そんな中、特に印象的だったのが本作品。

gifted.jpg

物語の内容は観る方のお楽しみですので

ここでは多く述べませんが、登場人物は

フロリダの小さな町で暮らす生意気盛りの

姪メアリー・7歳と独身男性のフランク。

題名にある「gifted」とは、アメリカでは

〝同世代の子供と比較して、並外れた成果

を出せる程、突出した才能を持つ子供〟

と定義されており、いわゆる天賦の才に

恵まれた子のことです。メアリーの天才的

才能が明らかになることで揺らぎ始める

幸せな生活物語は正直言って、すぐに

先が読めるぐらいのよくある展開ですが、

とにかく主人公のメアリーが可愛くて、

フランクの愛のある優しさが心に沁みる

映画です。監督は、こちらも私の大好きな

作品「500日のサマー」のマーク・ウェブ。

「アメイジング・スパイダーマン」監督

としても有名。そんな「gifted/ギフテッド」

が一般公開から遅れはしたものの、年明け

から明和町の109シネマズで絶賛公開中!

私も、もう一度観に行こうと現在計画中の

オススメの一本です。ご興味がおありの方

は、ぜひこの機会にご鑑賞下さいませ。

 

【日々隆々】、またお会いしましょう!

ショートステイ管理者・伊藤隆太でした。

皆様、健康管理にはくれぐれもご留意を

デイサービスで笑い愛。

昨年よりデイサービスでは恒例となっている

月一回のスタッフ体当たり企画『笑い愛』

ご利用者の皆様方に、お腹の底から笑ってい

だくことを目的にスタートした企画です。

taiatari_staff_of_day.jpg

先日は「ロシアンぬ~れっと」という

タカラトミー販売のパーィゲームを

現場流にアレンジして実施。まず大き

なルーレットをめがけてご利用者様が

一斉にスポンジボールを投げ、ボー

が一番多く集まった的に書いてあるス

ッフが、水!入ったヘルメットを

かぶって、黒ひげ危機一発の要領で順

栓を抜く…というルールちなみに

頭上のタンクに刺さっている栓は8本!

うち1本が大当り!?です。栓を抜く

の緊迫感が堪らず、見守るご利用者様

からはため息と歓声が!この日主役と

なったのは大岩主任。その表情からも

ドキドキが伝わります普段とは違う

スタッフが体当たり奮闘するゲーム。

そのパフォーマンスに、皆様方は大い

り上がっていらっしゃいました。

出番がないとイイのにな。

今季最高の寒気が日本列島を吹き荒れ

ております。北海道を始め日本海側

これまでの記録を塗り替える記録的な

降雪に見舞われているとのこと。ここ

三重は比較的暖かいので雪による災害

は今の所ほとんどありませんが、ひと

たび自然が猛威を振るえば、交通被

などの混乱は必至です。我々の仕事の

場合、まずご利用者様への送迎活動に

影響が出ます。危険を最小限に留めて

運行する事を前提に、スノーチェー

も全車、常にスタンバイしています。

tire_chain_2018.jpg

もちろん、使用せずに済むのが何より

ですが、いざの時を見据えてドライバ

講習会でスノーチェーンの着用法

徹底的に習得しています。幸い、今日

らしばらく東海地方は、若干暖かく

なるとの予報。が、長い冬。この先

考えると予断はまるで許されません。

万全の準備をもってご利用者様の送迎

業務にあたるドライバーチームです。

ウェルカム☆シクラメン。

センター試験を受験された学生の皆様方、

ひとまず第一関門終了、お疲れ様でした。

なぜか日本では、一年で一番厳しい気候の

時期に実施されるセンター試験。テストそ

のものと同時に、必然と体調管理や寒さ

の戦いにもなりますよね。本当に大変だと

思います。おそらく、悲喜こもごもあると

思いますが、ここで一旦心を落ち着かせて

この後のスケジュールに臨んで下さいね。

今日は…

受験生の皆様に向けて、花咲く話題です!

・ ・ ・

いつも朗らかなご利用者のA様。そんなA様

より、赤いなシクラメンを頂戴しました

「家の庭に咲いたんさ。たきびに飾って!」

笑顔で差し出された鉢植えは本当に綺麗。

mrs_a_with_flower.jpg

※写真は関係者ご了承の上、掲載しております。

早速、A様と一緒に少しデコレーョン

をして、施設の玄関に飾らせていただき

ましたかの名曲の歌詞の通り、とて

清しい香りを漂わせ、周囲を魅了して

れます。まるで、その香りと鮮烈な赤

施設にお越しの皆様に〝WELCOME!〟

伝えている様。 A様、素敵なプレゼン

トありがとうございます。今日から、

り愛情注いで育てて行きますね

【自転車奔走記】依存症とは#63。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第292回。

あっという間に1月も月半ば…さすがにお屠蘇
気分は抜けていますが、
まだ松飾りはついてい
るような(笑)。
毎年正月が明けてからの時の
速さには、
なんとも不思議な気分になってしま
ます。さて、寒さもさらに増して風邪をひく
方が多くなり、加えてインフ
ルエンザが流行し
ています。マスク着
用と手洗いに嗽、そして十
分な栄養、
水分の摂取と休養を心がけて、体調
万全に保ってお過ごしくださいね。あとイン
フルエンザに限らず、風邪を
ひいたらすぐに医
療機関を受診してし
かるべき治療を受けるよう
にしましょ
う。「病は気から」は昔の話、今は
「病は早期発見、早期対処」が肝心です!
冬はまだまだこれから。
元気にこ
の寒さを乗り切りましょうね。
では【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【アルコール依存症のまとめ】
④「アルコール依存症の治療の過程」について
お話ししています。前回はアルコ
ール依存症の
治療方法は断酒しかないこ
と、そしてアルコー
ルの長期大量摂取等
によって変性してしまった
脳は仮に何十
年と断酒していても二度と元に戻
ること
はなく、一滴でもお酒を飲めばアルコー
ル依存症の問題飲酒を再発してしまうことにつ
いてお話しました。これらの事か
ら、アルコー
ル依存症の治療過程は

(1)断酒をしてアルコールを体内から抜く
(2)断酒を続けていくためのグループワー
   クや精神療法などのリハビリテーショ
   ンの実施。
(3)退院や社会復帰後も断酒を続けていく
   ために自助グループへの参加や定期的
   な医療機関の受診。

というプロセスを踏むことが一般的です。
(1)については先ず前駆的段階として、ア
コール依存症患者が自分は「アルコール依
存症
である」という事を“認める”ところから
始まり
ます。実のところ、この「自分は依存
症患者で
あるという事を認める」という行為
は『一番の
難関である』という人もいるく
らい難しいこと
なんです。アルコール依存症
に限らず全ての依
存症は“否認の病気”と言わ
れており、自分が何
かに依存状態となってい
ることを認める(自分
で自分自身が依存症で
あると認識する)ことが
非常に難しいんです
ね。アルコール依存症の場
合、『自分は、酒
は止めようと思えばいつでも
止められる。だ
から自分は依存症ではない』と
いうのが否認
の常套句の一つで、連続飲酒をし
て毎日朝か
ら酔っぱらってフラフラになってい
ようが、
飲酒で家族や会社、社会に迷惑をかけ
ようが、
自分はアルコール依存症ではないと言
い切っ
てしまう。つまりアルコールに自分が支
配さ
れている(脳がアルコールという化学物質
刺激を要求しているので、自分の意思や感情
では太刀打ちできない状態)ことを認めたく
い訳なんですね。

否認があるうちは、たとえ入院して一時的に断
酒しても退院したらす
ぐに再飲酒しますし、そ
もそも否認のアルコ
ール依存症患者が治療を行
うこともありませ
ん。ですので、アルコール依
存症の治療の第
一歩は『自分はアルコール依存
症で、自分一
人ではどうしようもない状態にな
っている』
と自分自身が認識することなんです
ね。依存
症患者がその状態になるために必要な
事とし
てよく言われるのが“底つき体験”、飲酒
で健
康を損ね、家族を失い、仕事も失い、社会
定期信用も失い、お金も無くなり…といったい
わゆる「どん底」の体験をしないと否
認の状態
から脱することができないという意
味です。で
すので以前はアルコール依存症で
否認のまま治
療に結びついていない患者さん
は「放っておく」
しかないと言われていまし
た。自分がどん底に
落ちて自分自身で否認を
解かない限り、他の人
が何をどうしても無駄
だという意味なんですね。

ただ、最近はインタベンションと言って、否認
状態の段階から、
依存症専門の支援スタッフや
カウンセラーが
関わり続けて治療へと繋げてい
く手法も取ら
れています。このようにして否認
の状態を抜
けてから初めてアルコール依存症の
治療が開
始となります。現在では入院治療が一
般的で
すが、入院してすぐは解毒と言って、断
酒を
すると同時に体内に残っているアルコール
全て抜く治療が行われます。その際に離脱症
状(いわゆる禁断症状)がほぼ必ず起こりま
ので、それへの対処、そして長年のアルコ
ール
摂取の影響で影響を受けた臓器の障害や
精神的
な部分の治療などが行われていきます。
通常は
この治療が3週間ほど続き、体調やメ
ンタルの
部分が落ち着いてくると次のステッ
プである
(2)リハビリテーションに移ります。
ということろで今週はここまで。次回は(2)
のアルコール依存症のリハビリテーシ
ョンにつ
いてお話しします。
では、皆様お元気にお過ごしくださいね。
またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK 

【ウッチー輪ばなし】〆縄ジンクス。

【ウッチー輪ばなし】連載・第338回。

みな、みなさま、こんにちわ!

年が明けてから、早2週間。

月日はあっという間に過ぎますね。

毎年のことではありつつ、

歳を重ねるごとにより感じるのは

錯覚!?で良いのでしょうか

・ ・ ・

さて、、

先日1月7日のこと。松阪施設では

玄関の「しめ縄」を外しました。

ちなみに、この「しめ縄」ですが、

実は施設のこだわりがあります。

施設開所以降、お隣町である玉城町の

『角谷しめ縄産業』さんの「しめ縄」

を必ず使用する様にしているんです!

shimenawa_2018_kadoya.jpg

写真は『角谷しめ縄産業』さんの

作業風景です。こだわりブランドの

「しめ縄」を飾りつけ、感謝と敬意

気持ちを込めて取り外します。

そして後に、地元・松阪神社の

どんど焼きにて燃やして頂くのが

例年、たきび施設の慣例です

今年も例年と変わることなく、

その儀式が終了いたしました。

いつの世も縁起は大切ですね!

今年も良い年になりそうです

・ ・ ・

それでは今週は失礼致します。

来週も元気にお会いしましょうね!

PLEASE TAKE CARE 

【生搾り】『2017MVP・再放送』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第400回
『高齢者の外食事情(再放送)』の巻。


皆様!本年もよろしくお願いい致します。

本年最初の放送は、昨年末のアワードで
MVNに選ばれた「高齢者の外食事情」の
再放送です。ぜひもう一度お聴き下さい!
-----------------------------------------------------

<今週のテーマ>
外食や飲食産業において、高齢者
の方々の動向はどの様に変化して
いるのか?今週はそんなテーマの
談論を配信です。ぜひ御一聴を!

<今週のメンバー>
赤塚浩文、三浦真弥、伊藤亜也子、
岩佐雅之、赤塚まゆみ、高瀬和良。
-------------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

アーカイブ

月別 アーカイブ