ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ

お知らせの最近のブログ記事

運試しのための予行演習。

今月後半はクリスマス会や年末大感謝祭

などイベント盛りだくさんの松阪施設。

その中でもご利用者様が楽しみにされて

いらっしゃるのが、毎年末恒例となった

「歳末ビンゴ大会!」それに先駆けて…

undameshi_2018.jpg

先日「運試しをしてみよう」と、急遽

始まったが3ケタの数字当てゲーム

「予行演習だろうが本気で当てるで!」

「ビンゴ本番に備えて運を鍛えるんや」

という、意気込み満々の方の一方で、

「ここで運使ったら本番が不安やなぁ」

「今日のところは外して、運の温存や」

と本番を見据えたご意見もちらほら。

・・・

今年最後の運試しはもうすぐ。皆様は

それぞれの思いを胸に秘めつつ、本番

の時を待っていらっしゃるようです

【自転車奔走記】介語苑・其の11-12。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第340回。

12月もいよいよ終盤、皆様いかがお過ごしでし
ょうか?
先日、毎年恒例の「今年の漢字」です
が、
2018年は「災」でしたね。確かに今年は大
きな自然災害が立て続けに起こったりと悲しい
ことが多かった印象のある一年だっ
たかもしれ
ませんね。このニュースを見た
時、とっさに思
い出したのがギリシャ神話
「パンドラの箱」の
お話。ゼウスから禁
断の箱を預けられたパンド
ラが好奇心から
その箱を開けてしまうと、あら
ゆる災いが
箱から飛び出し人々に降りかかった
が、慌
てて蓋を閉めたので、最後に「希望」が
った…という内容(だったと思いますが)
すが、今年は確かに「災」だったとして
も来年
は災いを吹き飛ばす「希望」の年
になれたら!
との思いを強くしました。
さて、そろそろ年の
瀬も終盤。いろいろと
気忙しくなりますので事
故や体調不良に
は十分お気をつけくださいね。
では【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++

たきび版:介語苑 その10の12

【語句】
有料老人ホーム

【派生語】
サービス付き高齢者向け住宅 (略称)/サ高住

【意味】
平成23年(2011年)10月に「高齢者住まい法」
が改正されて誕生した、高齢者が安心して暮ら
していけるようなサービスを提供するバリアフ
リー構造の賃貸住宅を指す

【解説】
今週はサービス付き高齢者向け住宅(以下「サ
高住」)の制度についてお話をします。先週お
話したとおり、サ高住は高齢者住まい法に基づ
く高齢者向け住宅(施設)の事を指しますが、
その制度の基本は「登録制」、つまりサ高住と
しての定められた基準を満たした施設のうち、
申し出のあった施設を所在する都道府県がサー
ビス付き高齢者向け住宅として登録して公開す
るという内容なんですね。つまり、サ高住の基
準を満たす施設であっても、都道府県に登録す
るかどうかはあくまでその施設の「任意」、登
録する・しないは施設側の判断に任せるという
ことになります。一方、有料老人ホーム(介護
付き・住宅型、健康型などすべて)については、
国が定めているその定義(「常時1人以上の老
人を入所させて、生活サービスを提供すること
を目的とした施設で老人福祉施設でないものを
いう。(老人福祉法第29条)」に該当する施設
すべてに届け出が義務付けられています。です
ので、介護保険3施設、老人福祉施設、グループ
ホームを除くすべての高齢者入居施設は有料老
人ホームとして扱われ、都道府県知事への届け
出が必要になるということになります。ここが
サ高住と有料老人ホームの一番の制度の違いと
いうことが言えると思います。ですので、仮に
サ高住としての登録条件を満たしている施設で
も、サ高住の登録をしなければ「有料老人ホー
ム」の看板を掲げて営業することになりますし、
サ高住の登録をすれば「サービス付き高齢者向
け住宅」として営業を行うことになるという事
なんですね。

続いてサ高住の登録要件を見ていきましょう。
サ高住の登録要件として、
①住宅の床面積は原則25㎡以上であり、便所・
洗面設備等の設置が行われていること、及びバ
リアフリーであること。
②入居者に対して生活サービス(少なくとも安
否確認・生活相談サービス)を提供すること。
③入居契約は、高齢者の居住の安定が図られた
契約であることと、前払家賃等の返還ルール及
び保全措置が講じられていること。

となっています。一方の有料老人ホームの設置
基準は住宅型と介護型では違いがありますが、
居室面積でいうと1人当たりの床面積が13㎡以
上と定義されていますので、サ高住に比べると
必要な面積基準は下げられています。ただ、人
員配置の基準(介護付きの場合)や居室及び必
要な設備(汚物処理室等)の規定が細かく定め
られている場合もありますので、その部分では
サ高住に比べてハードルが高いような印象を受
けますが、そもそもサ高住の制度自体が、有料
老人ホームの定義を満たしかつサ高住の要件を
満たす必要がある制度ですので、その意味でい
うと有料老人ホームをグレードアップした施設
という事もできるかもしれませんね。また、サ
高住においても、有料老人ホームと同様に都道
府県知事の指定を受ければ、介護付き(特定施
設入居者生活介護)としての施設登録も可能に
なっています。とこのように、サ高住というの
は、有料老人ホームのうち、一定の基準を満た
して都道府県に登録を行った施設が名乗ること
ができる高齢者入居施設であるとご理解いただ
ければOkです。

 では今週はここまで。
次回はサ高住の費用等についてお話をしますね。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【ウッチー輪ばなし】えっ~と。

【ウッチー輪ばなし】連載・第387回。

みな、みな、みなさま!!

お元気でいらっしゃいますか?

12月も折り返し。時の流れは本当に

早いものですね。松阪施設玄関には、

毎年恒例の「ある置物」を展示中

181215.jpgのサムネール画像

干支の置物です。来年平成31年は

「亥(いのしし)」。干支の言い伝えは

様々あります。亥年の意味としては

「勇気と無病息災」とのことです!

平成31年、皆様が大きな病気をする

ことなく、健康で元気にお過ごしに

なられるお姿をお祈りしながら、

玄関に置かせていただきました 

少し早い気もしますが、縁起物!

早いくらいで丁度いいですよね。

・・・

では今週はこの辺で失礼致します。

平成最後の冬。寒さも厳しさも、

この肌にしっかり刻んでおこうと

毎日を過ごしている内田でした。

また来週元気にお会いしましょう! 

PLASE TAKE CARE,EVERYONE

【生搾り】『平成回顧録・平成九年』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第447回
『平成回顧録・平成九年』の巻。


<今週のテーマ>

シリーズ「平成回顧録」。
今回は平成9年・1997年
を取り上げさせて頂いての
談論を配信いたします!
お気軽に御一聴下さい。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、伊藤隆太、
三浦真弥、伊藤亜也子、岩佐雅之。
-----------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

洋風?和風?どっちもです。

もうすぐクリスマス。各種イベントも

盛り沢山でご利用者の皆様に楽しんで

頂こうと企画進行中ですが、こちらも

その一つ!毎年恒例「厨房がっつ」

よるX'masスペシャルメニューです

chiristmas_menu_2018.jpg

クリスマスというと、エビフライや

ローストビーフ・チキンなどの洋風

メニューが思い浮かびますが、今年

はそんな定番メニューに加えて和風

テイストのメニューが登場します!

12月17〜18日は洋風のクリスマス・

レート。続く19日は鰻ごはんで、

20日はバラ寿司、そして21日は彩り

豊かなちゃんぽんうどんどれもが

魅力的でもうお腹が鳴りそうです。

大みそかの特製年越しそばも含めて

今月はバラエティ豊かなメニューの

連続となります。ご利用者の皆様!

今年も楽しみにお待ち下さいませ

とても大切な場所だから。

弊社の松阪施設も10年目ということで、

少し前に外壁をリニューアルしたことを

当ブログで紹介させて頂きました。それ

に続き今回はトイレリフォームが完了

restroom_renewal_2018.jpg

お風呂や水回りやトイレ等、毎日使う場所

やはり汚れが目立つもの。特にトイレが

汚れていると気分もよくありませんよね。

今回はウォシュレット含めて全面的改装!

人が近付くとセンサーが感知し便器全体が

るく光る優れもの。ご利用者様の評判も

とても良くリニューアル大成功といった所

ですお手洗いという落ち着くべき場所

気分もリフレッシュ…それにしても日本の

トイレ環境や文化って本当に凄いですね!

たきび恒例の新年企画。

「そだね〜」今年の流行語大賞も発表され、

いよいよ年の瀬ですね。弊社施設でも新年を

迎える準備が着々とすすめられております!

inoshishi_for2019_harie.jpg

もちろん毎年恒例となっているこちらの

プロジェクトもスタートいたしました

そう!干支モチーフの巨大貼り絵です。

昨年よりさらにパワーアップした立体

デザインでかなり迫力あるイノシシ。

一枚一枚丁寧に貼り付けるご利用者様の

手つきはまさに本気モード。年末までに

完成〜そして新年から施設玄関フロア

デデ〜ンと飾る予定となっております

たきび恒例の新年企画をぜひ楽しみに!

理系頭脳でブレイン体操。

見上げれば冬の雲が重く垂れ込め始め、

景色はもう冬。気温も急激に下降です。

今日は…ショートステイご利用中である

H様の居室を訪ねた際に、ご本人様から

ご紹介いただいたこんな本の紹介です

crossword_2018_nanpure.jpg

「ナンバープレース」という数字パズル

の雑誌。数独とも呼ばれるものですが

横列・縦列のそれぞれ9マスに1〜9の

数字を重ならないようにはめていくと

いう記入式ゲーム。あらかじめ示され

数字をヒントにして残りの数を当て

めるのですがこれが結構難解です

上級ともなれば、解読に数時間を要す

るのが普通だそう。なかなか上級編に

されている姿をお目にすること

ないのですがH様はその上級挑戦者。

・・・

「コレ解いてな、頭の体操すんや!」

とH様。少し拝見した所、確かに相当

難易度高し。かなり頭脳を使います。

「最初は初級やったけど、簡単すぎて

つまらんの。難しい方が面白いな」

・・・

いつも聡明なH様。このよう

あったんだな…と納得の瞬間でた。

H様の数への挑戦は今日も続きます

【自転車奔走記】介語苑・其の11-11。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第339回。

季節外れの暑い日かと思えば真冬なみの寒さに
なったりと、忙しく天候が変わる珍しい12月で
すね。皆様、いかがお過ごしでしょうか?気候
は安定しませんが、なにやら気忙しい師走の雰
囲気は例年通り。特に今年は平成最後の12月!
しみじみと平成の世を思い返すためにも体調管
理はもちろんですが、事故などにも十分お気を
つけて元気にお過ごしくださいね。
では、自転車奔走記始まります!
+++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・その10の11。

【語句】
有料老人ホーム

 【派生語】
サービス付き高齢者向け住宅 (略称)/サ高住

【意味】
平成23年(2011年)10月に「高齢者住まい法」
が改正されて誕生した、高齢者が安心して暮ら
していけるようなサービスを提供するバリアフ
リー構造の賃貸住宅を指す。

【解説】
今週からサービス付き高齢者向け住宅(以下
「サ高住」と呼びます)についてお話をします。
先週少しお話した通り、有料老人ホームとサ高
住との関係は所管する法律の違いもあり少々複
雑になっています。ですので、お話を整理しな
がら進めていくことが必要なんですが、どこか
らお話したらよいかと考え抜いた末、まずサ高
住という制度の歴史を簡単にお話した
うえで、
現在のサ高住の立ち位置というか老人
福祉法や
介護保険法などの法律との関係を明ら
かにした
のち、施設の概要や費用についてお話
するのが
良いと判断しました。ですので、今週
はサ高住
の歴史についてお話することにします。

まずサ高住の基本となっている法律(「根拠法」
と呼びます)は、平成13年(2001年)、介護保
険法施行の翌年に施行された「高齢者の居住の
安定確保に関する法律(通称「高齢者住まい法」
)」になります。この法律の制定の背景には、
当時の社会背景としての高齢者への住宅供給問
題や住まいへの不安があったことが知られてい
ます。例えばどのようなことかというと、高齢
者の方が転居してアパートやマンションに入居
しようとしたとき、高齢であることや独居であ
ることに伴うリスク(病気や孤独死等)などを
理由にした部屋の貸し渋りや、高齢世帯である
ことを理由にして賃貸契約解除を大家から迫ら
れるというような事態であったり、独居高齢者
で身寄りがいない場合に賃貸契約時に必要な保
証人を立てることができず入居を断られたりな
ど、多岐に渡った問題が発生していました。ま
た、不動産業者や賃貸住宅の所有者側に立って
みると、高齢者の方の入居については、身寄り
のない方に万が一のことがあった場合に引受先
が見つからなかったり、収入が安定しないこと
による家賃の滞納や退去後の部屋の修繕費等の
費用徴収が難しくなったりするリスクが想定さ
れますので、勢い高齢者の入居に対して慎重と
いうか及び腰にならざるを得ない状況もありま
した。これらの状況が原因で「高齢者の住宅難
民」という言葉も話題になったほどだったんで
すね。そこで国土交通省が所管省庁として先ほ
どの高齢者住まい法が制定され、法律を整備す
ることで高齢者への住宅供給の安定化を図るよ
うになったんですね。施行当時は、住宅の家賃
保証の制度や高齢者が安心安定して暮らすこと
ができる基準を満たした賃貸住宅を「高齢者専
用賃貸住宅」等として登録し、その情報を提供
する制度などがありました。そしてこの高齢者
住まい法が平成23年に改正され、先ほどの高齢
者専用賃貸住宅等の制度が廃止され、現在のサ
高住として制度内容が一本化されるに至ってい
ます。この歴史を見てみると、高齢者住まい法
に伴う一連の施策は、結果として高齢者福祉の
諸施策とリンクはしていますが、もともとは高
齢者への一般(賃貸形式)住宅の安定供給とい
うハード面の充実を目的とした独立した施策で
あったことがお分かりいただけると思います。

以上がサ高住の歴史の概略となります。現在の
サ高住に至るまでには上述のような変遷を経て
いるということなんですね。で、これらの歴史
を踏まえたうえで、次回はサ高住の制度につい
て、有料老人ホームと比較しながらお話をして
いきます。では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【ウッチー輪ばなし】次の十二枚。

【ウッチー輪ばなし】連載・第386回。

みな、みなさま、こんにちわ!

暖冬と言われながらもやはり冬。

少しずつ寒くなってきていますね。

体調管理には十分にご留意下さい。

さて、早くももう12月中旬です。

只今、弊社松阪施設においては、

来年に向けカレンダーを準備中

181208.jpgのサムネール画像

カレンダーにはその人それぞれの

こだわりがあるものですよね?

当施設においてもショートステイの

居室にはこのタイプ!デイルーム

にはこのタイプ!などなど選別。

各スタッフから様々な要望があり、

そのタイプを事前に用意します。

多くを必要とするカレンダーですが

関係業者の皆様より頂戴する場合が

多く、非常に助かっております

ちなみに私自身は、以前にご紹介

させて頂いた「卓上カレンダー」に

とりわけこだわりが強いかも…。

さぁ!

来年のカレンダーを通じ、新年を

迎える準備を進めて行きましょう!

・・・

では今週はこれにて失礼致します。

今年の本連載も残りあと3回です!

一年の経過が本当に早くなったと、

実感している私、内田英希でした。

また来週元気にお会いしましょう!

PLEASE TAKE CARE,EVERYONE

アーカイブ

月別 アーカイブ