第393回『介護現場の国際化』の巻。

| コメント(0)

<今週のテーマ>
ここ数年、全国各地の介護現場では
海外出身のスタッフがグッと増えて
います。貴重な現場の担い手として
重要なポジションである、そんな
海外出身スタッフたちを、私たちは
どう受け入れ、どの様な努力を凝ら
すべきなのでしょう?そして介護
現場における真の国際化とは一体…。
ぜひとも御一聴下さいませ!

<今週のメンバー>
赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、高瀬和良。

コメントする

ケアステーションたきび オフィシャルサイト
ケアステーションたきびのオフィシャルサイトはこちらです。

このブログ記事について

このページは、スタッフが2017年11月 9日 17:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第392回『おばあちゃんの味ご飯』の巻。」です。

次のブログ記事は「第394回『オススメ・セブン』の巻。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



上記のアイコンをiTunesなどのポッドキャスト対応型RSSリーダーにドラッグ&ドロップするか、リンク先のURLをご登録ください。

月別 アーカイブ